私たちは海辺に住まう(抄)

 かつて、熱心に風の名を集めた人があった。その人によると、『万葉集』の末二巻のなかでは「アユノカゼ」に「東風」の二字を当てているという。そして、風が陸地に打ち上げるものを、人々は寄物と呼んだ。

 海からのくさぐさの好ましいものを、日本人に送ってよこした風の名が「アユ」であった。

 東風がどのような宝物を吹き寄せたのか、浜辺に立つ私たちには、もはや知るよしもない。

 けれども、私もまた、集めようと思う。風の名を。

 

城戸朱理

漂流物」所収

2012

One comment on “私たちは海辺に住まう(抄)

  1. この作品は城戸朱理さんのご承諾をいただいて掲載しております。
    無断転載はお控えください。

    この作品を読んで気になった方は是非下記のサイトもご覧になってください。

    Twitter アカウント
    @Kido_Shuri

    ブログ
    http://kidoshuri.seesaa.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください