吾胸の底のここには

吾胸の底のここには

言ひがたき秘密住めり

身をあげて活ける牲とは

君ならで誰かしらまし

 

もしやわれ鳥にありせば

君の住む窓に飛びかひ

羽を振りて昼は終日

深き音に鳴かましものを

 

もしやわれ梭にありせば

君が手の白きにひかれ

春の日の長き思を

その糸に織らましものを

 

もしやわれ草にありせば

野辺に萌え君に踏まれて

かつ靡きかつは微笑み

その足に触れましものを

 

わがなげき衾に溢れ

わがうれひ枕を浸す

朝鳥に目さめぬるより

はや床は濡れてただよふ

 

口唇に言葉ありとも

このこころ何か写さん

ただ熱き胸より胸の

琴にこそ伝ふべきなれ

 

島崎藤村

落梅集」所収

1901

2 comments on “吾胸の底のここには

  1. 最初の二行は人間の心全てに共通する思いではないでしょうか。混沌とした時代、コロナと異常気象に苛まれる日々の中で、藤村の言葉が胸の奥底から湧き出てくるのは何故でしょう。言葉が命を持つとき、文学は永遠なのだと思います。今、声に出して藤村の詩を口にしたとき、胸がいっぱいになりました。詩を掲載してくださりありがとうございました。今日は藤村を読む日にします。皆様、お元気で。

  2. 最初の二行は人間の心全てに共通する思いではないでしょうか。混沌とした時代、コロナと異常気象に苛まれる日々の中で、藤村の言葉が胸の奥底から湧き出てくるのは何故でしょう。言葉が命を持つとき、文学は永遠なのだと思います。今、声に出して藤村の詩を口にしたとき、胸がいっぱいになりました。詩を掲載してくださりありがとうございました。今日は藤村を読む日にします。皆様、お元気で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください