夏帽子

昔わたしがその下で唇をかんだ一本の木があった

その木をゆすると夏帽子に音たてて

雨のやうに桃色のをしべが落ちてきた

いまはその木は刈り倒されて

夏帽子にトマトを盛って

泣きなき帰ってきた子供はもうみえない

ひこばえにも花なんか咲かない

中嶋康博
中嶋康博詩集」所収
1988

2 comments on “夏帽子

  1. 夏帽子は中嶋康博さんの許可をいただいた上で掲載しております。
    無断転載はご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください