詩集の美(中嶋康博詩集)

詩集の美、今回は中嶋康博さんの「中嶋康博詩集」を紹介いたします。

一言で言えば、端整で落ち着きのある趣といったら良いのでしょうか。
濃いブルーのクロス装の表紙は手触りもいいです。

IMG_2089

文字組も大きすぎもせず、小さすぎもせず、絶妙なバランスですね。
まさに詩集らしい詩集と思います。

IMG_2088

中嶋康博さんの先師田中克己氏の「田中克己詩集」の装丁に倣ったとのこと。

TanakaKatsumi-Shishu

写真だけなのでわかりづらいのですが、確かに趣が似ているようです。
出版社も同じ潮流社です。

中嶋さんは四季派の詩人に私淑し、その流れを汲む作品を書いていらっしゃいます。
この詩集には1988年の「夏帽子」、1993年の「蒸気雲」、2冊分の詩篇とその後の作品が収められています。
登山、山についての詩が多く、読んでいて、まるで自分が今夏山の中にいるような感覚になりました。

当サイトではこの「中嶋康博詩集」より「夏帽子」と「音楽」の二篇を紹介させていただいています。
是非読んでみてくださいね!

AmazonへのLinkはこちらです。

また、中嶋康博さんは、四季派を中心とした詩集目録のサイトを運営されてます。圧倒的なデータ量の大変な労作です。資料的価値も非常に高いので、ご興味のある方は一度のぞいて見てください。こちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください