夏は来ぬ

うの花のにおう垣根に

時鳥 早もきなきて

忍音もらす 夏は来ぬ

 

さみだれのそそぐ山田に

早乙女が 裳裾ぬらして

玉苗ううる 夏は来ぬ

 

橘のかおるのきばの

窓近く 蛍とびかい

おこたり諫むる 夏は来ぬ

 

棟ちる川べの宿の

門遠く 水鶏声して

夕月すずしき 夏は来ぬ

 

さつきやみ 蛍とびかい

水鶏鳴き 卯の花さきて

早苗うえわたす 夏は来ぬ

 

佐々木信綱

1896

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください