柱時計

ぼくが

死んでからでも

十二時がきたら 十二 

鳴るのかい

 

苦労するなあ

まあいいや

しっかり鳴って

おくれ

 

淵上毛錢

1950

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください