The Gift to Sing

 Sometimes the mist overhangs my path,

And blackening clouds about me cling;

But, oh, I have a magic way

To turn the gloom to cheerful day—

      I softly sing.

 

And if the way grows darker still,

Shadowed by Sorrow’s somber wing,

With glad defiance in my throat,

I pierce the darkness with a note,

       And sing, and sing.

 

I brood not over the broken past,

Nor dread whatever time may bring;

No nights are dark, no days are long,

While in my heart there swells a song,

       And I can sing.

 

James Weldon Johnson

From “Fifty years & Other Poems”

1917

4 comments on “The Gift to Sing

  1. 訳してみました

    歌という賜物

    ともすればたどる道に霧がたちこめ

    黒雲がつつみこもうとする

    しかし ほら 魔法のようなやり方がある

    陰鬱を陽気な日に変えるやりかた

    私は小声で歌う

    たとえ行く道がますます暗くなろうとも

    悲しみの暗い翼に覆われようとも

    ものともせず 喜びにのどをふくらませ

    闇をつらぬいて調べもたかく

    歌う 歌う

    つらい過去はふりかえるまい

    なにごとであれ 未来のもたらすものをおそれまい

    明けない夜はなく 暮れない日もないのだから

    そのときひとつの歌がわきあがり

    歌うことができる

    ジェイムズ・ウェルダン・ジョンスン

    『五十年 その他の詩』より

    1917年

     

  2. 松本さん、素晴らしい翻訳、ありがとうございます!
    私も挑戦しますよ!しばらくお待ちを!

  3. 私も挑戦してみました。

    歌という贈り物

    時には霧が行く手を覆ってしまうこともある
    黒い雲につかまってしまうことだってある
    だけど、ほら、魔法があるんだ
    憂鬱な気分を素晴らしい日に変えてしまう魔法が
     それは、そっと歌うこと

    もしも道に陰りがさしたとしても
    悲しみの暗い翼の影になったとしても
    僕の喉の奥から、喜びに溢れた
    声が闇を突き破る
     歌え、歌え

    悲しい過去を思い悩むまい
    来るべき未来を恐れまい
    暗い夜も無いし、長い昼も無いんだ
    僕の心に歌が湧き上がっているのならば
     そう、僕は歌うことができる

    No nights are dark, no days are long, の翻訳は松本さんの訳の方が正しいように思えます。
    私は一応字面通りに訳してみましたが、意味が通らないので。

  4. すばらしい翻訳ですね
    ありがとうございます
    各スタンザの終りの sing の繰り返しが印象的な詩です

    この詩人の詩は初めて読みました
    すてきな詩を教えていただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください