ぼくもいくさに征くのだけれど

街はいくさがたりであふれ

どこへいっても征くはなし 勝ったはなし

三ヶ月もたてばぼくも征くのだけれど

だけど こうしてぼんやりしている

 

ぼくがいくさに征ったなら

一体ぼくはなにするだろう てがらたてるかな

 

だれもかれもおとこならみんな征く

ぼくも征くのだけれど 征くのだけれど

 

なんにもできず

蝶をとったり 子供とあそんだり

うっかりしていて戦死するかしら

 

そんなまぬけなぼくなので

どうか人なみにいくさができますよう

成田山に願かけた

 

竹内浩三

愚の旗」所収

1956

One comment on “ぼくもいくさに征くのだけれど

  1. フィリピンから帰った父はちょうど作者と同じ年齢、父は幼馴染の母と結婚し33歳で病死。父も母も何も語らずゆきました。67歳になった私はこの詩で父と対話しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください