夏は緑の葉っぱの子供と

夏は緑の葉っぱの子供と
花の咲く子をつれて海へ行った
二人にははじめての小さな島の海
ぼくが子供のときに泳いだ海だ
(おとうさんおおきな波がきたらたすけてね)
(わたしのこともたすけてね)
もちろんたすけてあげるから安心して
遊びなさい 水中メガネで
水の中を見てごらん
海は無定形と無秩序の状態であり
神々と人間が力をつくして守らなければ
文明はいつでもそこへ逆行するとオーデンは言ったけれど
いまは無秩序と無定形の混沌に触れることが必要なときだ
風と波浪に癒されなければ
子供のときの海に全身で浸らなければーー
ほらたくさんいるのがニシキベラ 他の名前は知らないけれど
ぼくが子供のときにもああして泳いでいた魚たちだ そのときにも
水の中はこんな風にほの暗かったし そのときにも
潜って行けばどこまででも潜って行けた
いまももちろん遠くまで行けるさ
(おとうさん青空はすっかり秋の色)
(魚たちも 秋の魚です)

辻征夫
東京新聞 1988年9月掲載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください