帰りたい

もう帰りたいのだけれど
言いだしかねて
ズルズル居すわっているのである
それを察して
まあいいじゃないですか
もう少しぐらいと
いわれて
すわっているのである
退くつきわまりないので
腰を浮かしてみたりするのだが
さて どこへ帰るかとなると
はっきりとはしないのである
とにかく ここを
出たいのである

杉山平一
「青をめざして」所収
2004

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください