藪蚊

注射器いつぽんが身上
乙に
縞の胴衣なんか着込んでさ
患者には「瘤」と「痒み」を置土産に
せつせと稼ぐ うら藪から往診の藪医者どの

高祖保
「高祖保詩集」より
1945

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください