惑星メメシス

わたしはかんしょう的になって空とぶ

だれもいない砂漠で
黒い肌をした人間がみたことのないダンスをおどっていたので
それを描写しようとしてあきらめた
わたしにはなにもかけない事を
また知らされる
特に書く必要のない存在をかきとめようとする
わたしのこころは
本当につまらないね

つまらないが
しかし、
かくために必要な理由をいつもさがしてる
探したところでなにかあるわけでもない
ただ、いきるために
必要なじかんを

世界中の
唇の気持ち悪さについて
例えば気持ち悪いと思う感情について、
光が窓を通り越して
部屋のなかを明るくする理不尽さ
壁を作れば問題ないというのは
技術があるやつの言い分
そんなものつける理由に乏しすぎる
光をさえぎるためだけなんて

いやいや壁はもっと大事
風や音を遮る
人間を遮る
鳥の鳴き声も
車の音も
それから、
何かを飾れるはずだよ
ひつようなものを
カレンダーとか
絵や花とかを

そういうのは
もう
うんざりだ
そのためだけに壁を作る技術
身につけるのは
ああ、
それをこうして
全部
描かないといけないのも
どうでもいい
わたしは
暗闇に産まれればよかったのか
でも、暗闇に飽きたら
光を求めて
壁の壊し方を覚えようとする
わたしは
わたしの素手ではなにも壊せないことを、知っている
だから
わたしはかいているのだ。
書の中で壁を壊すために

いつも
たどりつく地平は始まりの場所で
極論で
生きられる場所は
終わりの場所だ
ここにあるとすれば
すべて
均衡の問題
反吐が出るほどの仕方なさが
本当に
本当に優秀な死は
10代で輪廻しているのだから
だって
もう二度と
このフィクションを楽しめない
身体に生まれてしまったからには

朝から目覚めてあらゆる存在に気がついてしまえばなにもかも病気になってしまって、わたしはなにもできない小さな唇を開いて大声で泣いたら怒られたので泣きながらうじうじしていた。なぜ、私は私らしく遅刻したり、一日中寝ていたり、部屋でゴロゴロしながらゲームしたりし続ける事を許されていないのか。私は私らしくいきたいのだ。一日中どうでもいい感情でどうでもいい疑問を抱えながら、理不尽に怒られて罵倒されて、罵倒された言葉で落ち込んでその恨みを書きつけてだれかに可愛そうといってもらいたい。世界で一番かわいそうなやつだと言われたいという、感情。

わたしらしさ。という
これは女々しさ
というらしいよ。
いっぱんてきにね

くだらねぇよなぁ?

わたしはどんどんあきらめていく世界で1番あきらめたにんげんになりたい。
泣いていたい
そういう感情が大事だってことつたえたい
大事なかんじょうなんてどこにもないのにね。

毒をはいていたい
嫌われていたい
そして同時に好かれたい
世界で一番なにもしていたくない
こうして書いているのもうんざり
なにも表現したくない
伝えたくない
大事なことなんて、もうすでに誰かが仕事している
わたしなんていらない

何かを書き始めるときに
酩酊が必要なのは
上に書いた感情が邪魔で
それらをそぎ落とすため
毎日生きていると
襲ってくる黒い鳥が本当に邪魔だけど
みんな
そういうやつらと戦いながら書いてるんだろう
意味もなく
でも大事な何かのために
もしくは
遊びのために
もしくは
まじめにふまじめに

反論はすでに用意されているから
ここに書いた話は
対話するためじゃない
わたしのなかの話として
大事なだけ
あなたは
相対的にそういう立ち位置にいる
わたしも
あなたとは違うところにいる
社会よ
くたばれ
わたしに必要じゃないもの以外をのこして

百均
現代詩投稿サイトBREVIEWより転載
2018

One comment on “惑星メメシス

  1. 「惑星メメシス」は現代詩投稿サイトB-REVIEWで2018年7月大賞に選ばれた作品です。
    B-REIVEWは現代詩の投稿サイトで、掲示板による詩の合評を行っています。今、大変熱く盛り上がっています。
    URLは下記です。

    http://breview.main.jp/index/

    Twitterはこちら

    @breview_jp

    当サイトでは、その内の幾つかを掲載させていただくことになりました。
    協力しあいながら、現代詩の世界を広げていけたら、と思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください