味噌汁

朝は味噌汁をすゝるんだとよ
くらいうちの門さきを過ぎる豆腐屋をよびとめて
朝はどの家でも味噌汁をすするんだとよ

──どの家でも
鍛冶屋のやうに火を閃めかして
くらがりのなかで味噌汁をすゝるんだとよ

百田宗治
「何もない庭」所収
1926

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください