砲塁

破片は一つに寄り添はうとしてゐた
亀裂はいま微笑まうとしてゐた
砲身は起き上つて
ふたたび砲架に坐らうとしてゐた
みんな儚い原形を夢みてゐた
ひと風ごとに砂に埋れて行つた
見えない海
候鳥の閃き

丸山薫
帆・ランプ・鷗」所収
1932

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください