出合い

砂のトンネルを
掘っていって
暗い穴の行きつまりが
不意にくずれて
キラリとさしこむ
光のなかに
手と手がふれあった
そんな出合いだった
きみとわたし

杉山平一
ぜぴゅろす」所収
1977

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください