流星

マッチを擦っても
新年の雪みちには犬の影もない
ひと足ごとに
夜の音が消えてゆく
冷気を炎と感じられるほど
ひとを憎むことも
許すことも できなかった
せめて
てのひらで雪を受ければ
いつまでも溶けない冬が
ふたたび訪れることはない病室へ流れていった
それを流星と呼んでいらい
わたしの願いはどこにも届かない
それでも星は
清潔な包帯のように流れつづけた

峯澤典子
あのとき冬の子どもたち」所収
2017

One comment on “流星

  1. 「流星」は峯澤さんの許諾をいただいた上で掲載しております。
    無断転載はご遠慮ください。

    この作品を読んで興味を持たれた方は下記も参照ください。

    峯澤典子
    Twitter @noriko_minesawa

    ホームページ
    http://uncahier.blogspot.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください