泣いている

水仙のまだぬれている茎を組んで
霜のように渡ってきていながら
架けたりないはなの茎の短さのように
架けたりない短さを
ああもこうもしてやれなかったと言って
泣いている。

三井葉子
まいまい」所収
1972

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください