存在

この世に
あなただけをみる

あなたに照射されている
私だけをみる

ものみな
爽かにほろびつくし
この美しい荒寥のなか
この激しく奔騰する無のなか

矢車がしきりに風を喚んで舞うような
一途な願いで 歌で

己れを失いながらあなたのなかに昇華する

伊藤桂一
「定本・竹の思想」所収
1968

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください