ふるさとの小川は

ふるさとの小川は いまも
澄んで流れているだろうか

さらさら さらさら と音もなく
白砂を運んでいるだろうか

きゅるきゅる きゅるきゅる と忙しく
川底の玉石を磨いているだろうか

すばやい鮠の子たちを
光の紐で捕えたり放したりしているだろうか

夕月の影をこなごなに砕きながら
ミソハギの白い根を洗っているだろうか

少女に逢う日
燃える肌を浸して漱ぎ浄めたあの朝のままに
沁みとおるように冷たいだろうか

戦さに出で立つまえを
眠れなかった一夜のように
かなしい子守歌をうたっているだろうか

ふるさとの小川は いまも
澄んで流れているだろうか
わたしの中を
ひとすじに流れつづけているそれのように・・・

磯村英樹
水の女」所収
1971

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください