絶景

ひっそりと抱きあったまま
谷底へ墜ちてゆく蝶
無常なほどにも美しく
そこに湛えらえている深淵
その上でひらりと別れ
こんどは絶壁に沿うて
なおも相連れして のぼってくる

伊藤桂一
定本・竹の思想」所収
1964

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください