焼けない心臓

この心は棄てられない。
いくら夢だときめていても
頑としてそこに居る。
自分のものか誰かのものか、
何しろからだの中に自活してゐて、
何処か見えない無数の天体と
あけくれ幾千年の合図をしてゐる。
ルウアンで焚き殺されたあの少女の
心臓だけが生でゐたとはほんとらしい。
己のからだも君のからだも彼のからだも、
この心にはかなはない。
いくら夢だときめてみても、
頑としてそこに居る。
手におへない。

高村光太郎
高村光太郎詩集」所収
1928

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください