無題

屋根又屋根、眼界のとゞく限りを

すき間もなく埋めた屋根!

円い屋根、高い屋根、おしつぶされたやうな屋根、

おしつぶされつして、或ものは地にしがみつき、

或は空にぬき出ようとしてゐる屋根!

その上に忠実な教師の目のやうに、

秋の光がほかほかと照りわたつてゐる。

 

とらへやうもない、

然し乍ら魂の礎石までゆるがすやうな

あゝ、あの都会のとゞろき……

 

初めてこの都会に来て此景色を眺め

この物音をきいた時、

弱い田舎者の心はおびえた──

広さ、にではない、高さに、ではない、又

其処にいとなまるゝ文明の尊さにでもない、

あのはかりがたい物音の底の底の──

都会の底のふかさに。

 

今また此処に来て此景色を眺め、

そしてこの物音をきいて、

よわく、新らしい都会の帰化人の心はおびえる──

獅子かひが獅子の眠りに見入つた時の心もて、──

あのとらへがたき物音の底の底の──

入れども入れどもはかりがたき都会の底のふかさに。

 

すべての生徒の欲望をひとしなみにみる

忠実なる我が教師よ、

そなたはそなたの欲望と生徒の欲望を

またひとしなみに見るか?

 

花は精液の香をはなちて散り、

人は精力の汗を流して死ぬ。

それらは花と人との欲望のすべてか。

教師よ、そなたの愛は、――

雨とふり日とそゝぐそなたの愛は、

人の………

 

見よ、数へきれぬ煙突!

その下には死なうとする努力と死ぬまいとする欲望と……

あゝあの騒然たる物音! 

人間は住居の上に屋根を作つた。

その上に日が照る。

屋根は人間の最上の智慧 !!

又反抗、又運命である。

そして

その上に日が照る。

 

あゝ、我は帰らうか? はた帰るまいか?

あの屋根! 眼界のとゞく限りを

すき間もなく埋めた屋根の下へ。

 

石川啄木

心の姿の研究」所収

1909

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください