夏の街の恐怖

焼けつくやうな夏の日の下に

おびえてぎらつく軌条の心。

母親の居睡りの膝から辷り下りて

肥つた三歳ばかりの男の児が

ちよこちよこと電車線路へ歩いて行く。

 

八百屋の店には萎えた野菜。

病院の窓の窓掛は垂れて動かず。

閉された幼堆園の鉄の門の下には

耳の長い白犬が寝そべり、

すべて、限りもない明るさの中に

どこともなく、芥子の花が死落ち

生木の棺に裂罅の入る夏の空気のなやましさ。

 

病身の氷屋の女房が岡持を持ち、

骨折れた蝙蝠傘をさしかけて門を出れば、

横町の下宿から出て進み来る、

夏の恐怖に物も言はぬ脚気患者の葬りの列。

それを見て辻の巡査は出かゝつた欠伸噛みしめ、

白犬は思ふさまのびをして

塵溜の蔭に行く。

 

焼けつくやうな夏の日の下に

おびえてぎらつく軌条の心。

母親の居睡りの膝から辷り下りて

肥つた三歳ばかりの男の児が

ちよこちよこと電車線路へ歩いて行く

 

石川啄木

心の姿の研究」所収

1909

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください