月見草

僕は
叫んでしまいました

夢で 追いかけられたときは
浅葱色のクッションが 蹲らせてくれたけれど
それが かくれてしまったから

鈴蘭のにおいの立ちこめている 場所で
山鳩の魂は 遊んでいるでしょう

藤棚に
山鳩の羽は 紛れこんでいるけれど
硝子窓に つめをとぎにやってくるのは
山鳩をつかんで
飛び上がっていった脚?

いつ
月見草は
飛び上がろうとしてみましたか?

電燈をつけ忘れられた暗闇で
新聞紙の
飛行機を折っていたときに

僕は
叫んでしまいました

吉行理恵
吉行理恵詩集」所収
1970

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください