非力

みんなが傷口をもってゐる
<炎える母>を読みかへして
はじめて泣いた

他人にも傷がある そのことで
救はれるときが たしかにある

でも
わたしの傷が 誰を救ふだらうか

蝶から空を
空から蝶を
奪った

鱗粉があたりに散ってゐる
くもは 頭を垂れる

いまこそ 大きなやさしさになりたい
傷みごと そのための爪ごと
すべてを包みたい

神の出番だ

吉原幸子
「昼顔」所収
1973

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください