散る

時を待つものもいるだろう
いやいやしながら
その時がくるものもあるだろう
空から断が下る
いきなり魔の時がくるものもあるだろう
花は惜しまれても
その時がくるまえに
潔く散る

高木護
「やさしい電車」所収
1971

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください