時計

いささか深く、酩酊し
足音忍ばせ、居間に入れば
卓上に、紙片あり。
おとうさん、宿題なので
詩を書きました
これでいいの?
みてください。
なになに
(とけいって
 ふしぎだな
 なにも しなくても
 いまなんじだか
 みれば わかる
 ふしぎだな)

ほんとに、不思議だな。
男が、ひとり
真夜中に、
詩を読んで
壁の時計をながめてる。
自分の家が、めずらしく
四方八方、眼をすえて
にらんでる。

不思議、だな。

辻征夫
鶯――こどもとさむらいの16篇」所収
1990

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください