風葬

つたえてよ
風も雲もつたえてよ
女が ひとりここにいたと
歴史の風に吹かれていたと
吹かれ吹かれて 消えていったと
影ものこさず 匂いものこさず
一りんの薔薇よりも みじかくちいさく
生まれたことの おそろしさと
生きることの酷薄にも 細い首をもちあげて
うなだれることなく生き抜いたと
生きるにかなうひとつのことばを
空の太陽にかけようとして
投げつづけることのたたかいと
たぐりつづけることのたたかいに
飢え 渇き 飽くこともなく焼かれつづけて
ぼろぼろになって死んでいったと
洞窟のなかには
鍋も お釜も
髪の毛ひとすじも
なかった と

福中都生子
「やさしい恋歌」所収
1971

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください