祈り

母よ目をおひらき下さい
花びらばかりです
この世の中空は
あなたを焼いた炎の海の
波頭が瞼のむれみたいに消え残っていて
はれぼったい八重桜の花びらばかりです
緑の炎える葉っぱを食べあきて肥った毛虫のわたしを
間もなく火葬にしてくれるためにあかるむ炎の花びら
母よ目をおひらき下さい
この世の白い中空は
八重桜の紅で耀きたとうとして
わたしにはなやかな眠りの波頭をよせる
母よ花びらばかりです花びらばかりです

宗左近
「炎える母」所収
1967

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください