あなたに

わたしが 眠っている間
わたしの少しずつが
見えない 揚羽にでもなって
ひらひら 飛び立ってゆくのではないか
そんな具合に 少しずつ
私は 減ってゆくのではないか
減りながら
そしてわたしは
岩になってゆく
かやくさになってゆく
鵠になってゆく

信じてくれますか
しんじつ めざめのたびごとに
こうして わたしは
別のもの
おもいがけないものにと
変りはててゆく
あなたと わかれてからのわたしは・・・・

高野喜久雄
「存在」所収
1961

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください