こころ

潜水服をきる
水のなかにもぐる
ためではない
空のなかに
舞いあがる
ために

   ない命綱がひかれて
   しまったのだから

蹴る
蹴る
浮かばない浮かばない

   しかも命綱は
   垂れて光っているから

空のなかに
舞いあがら
ねばならない

   ゆっくり逆立ちして
   ない命綱を切る

舞いあがれ
ないからこうして
潜水服をきて
向きをかえて

空のなかに
舞い
落ちて
ゆこう
というのだ

宗左近
「こころ」所収
1968

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください