鉛の塀

言葉は
言葉に生まれてこなければよかった

言葉で思っている
そそりたつ鉛の塀に生まれたかった
と思っている
そして
そのあとで
言葉でない溜息を一つする

川崎洋
川崎洋詩集」所収
1968

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください