ロールシャッハ・テスト

 

いかにも峨々たる人口の岩の蔭に
雄のライオン 眉間に皺なんか寄せて
ふさふさした灰色の鬣が煩わしいからか
とき折り首まで揺すぶって見せて

迫力があるじゃん とハイティーンのアヴェック
立派だねえ と水筒をぶら下げた老人夫婦
よし俺も とナイロビ駐在が内定したばかりの商社マン
何が俺もか とこれは長髪の文学青年

かつては最も不味い餌にすぎなかったろう
ホモ・サピエンスに 始終じろじろ
これでは鬱になることだってあるだろう
またひと振り 鬱の鬣を振り解こうとして

が 彼には知る由もない おのれの鬣が
思わず黄金色の暈をまとってしまうことを
その一瞬の壮麗さに溜息をつくホモ・サピエンス
むろん 彼らにはまた知る由もないのだ

最も破壊的な行為へと跳躍させるのが
鬱の灰色の爆薬であることを 苟且にも
だから近づいてはならない 鬱の時代の
神にこそふさわしい暈 真昼の金環蝕には

 

 

スクリーンの上では
二頭のライオンが
じゃれ合っているのか啀み合ってるのか
左右対称のインクの汚点
片方の汚点が雲のような鬣を振りあげれば
もう片方も牙のようなものを剥き出す

喧しい 利いた風なことを
唐御陣は明智打ちのようには参りません*
結局は躁の一頭が鬱の一頭を
自刃へと追いつめる

生垣沿いに
ロールシャッハ・テストの火照りを冷ましながら
と 柘植よりひと際鮮かな緑の
蟷螂
茜さす雲の彼方に向かって
華奢な斧を振りあげていて
こいつは躁か鬱か

*勅使河原宏監督の映画「利休」

 

星野徹
Quo Vadis?」所収
1990

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください