もう一枚の舌の行方

まっさらな舌
どんなことばの欠けらものせたことがない
どんな食物もあじわったことがない
うまれたばかりのま新しい舌
それら聖なる純白の舌千の舌万の舌
なにかとてつもない予言を発するにふさわしい
それらうまれたてのきよらかな舌よ
白くすきとおってやわらかいその舌たちは
この世にうまれてほんの数分で脱けおちてしまうので
うみおとす当の本人さえみたことはないのだけれど
ねえ母さん
つぎからつぎへとうまれてきて
こっそりときえていく
あれらまっさらな舌たちは
いったいどこにいるのでしょうね
すりかえられた舌ともしらずわけしりがおに
鴨のオレンジ・ソースなどうれしげに食べている
どんな痴れ言だってぬけぬけといいとおしてみせる
わたしたちの舌のどこかに
かすかにあのまっさらのすきとおった
ついに一切から不可蝕のまま
消えていった舌たちへのうしろめたさがのこっていて
それで時々
ひとはぴったりと心よりそったつもりのおしゃべりの最中
とりつくしまもなくふいにこわばる舌の上で
ことばのつぎほ見失ったりするのではないでしょうか

征矢泰子
花の行方」所収
1992

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください