大根抒情

よごれない
真白い大根。

あはれそのしろさ。
 
ひょうげた尻っぽに
私はほっとする
心貧しい日。

芯から白いのがたまらなく。

薄暮
たまらなさを
冷たく 食べて
冬が来た。

淵上毛錢
1950

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください