鬼わたり

死んでいこうとするのと ひきとめようとするのと ふたりきりの病室になると まるで恋人たちのように春めいてきて うす青い草っぱのように 風になびいてしまうのだ 鬼がわたっているためだろうか

岡安恒武
「湿原 岡安恒武詩集」所収
1971

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください