その頃 ぼくは・・・・

校庭の センダンの大木の下に
まごみたいな
小さいセンダンの木が 生えていた

木の好きな母さんに
持って帰ってあげたら
ベランダの植木鉢で
たいせつに育てるかもしれない
そう思って 一気に抜こうとしたが
葉を二、三枚しごいてしまっただけで
根は びくともしない

かんたんなことじゃ ないんだな
ここに根付いている ってことは──
ぼくなんか ふらふら
どこへでも行っちゃいそうだもんね

みちみち 考える
あの幼い木は
しんぼうづよくあそこで育って
やがて大木になり
青空にてっぺんを届かせるだろう
たくさんの小鳥たちを遊ばせてやり
風が運んでくる 遠い国の出来事にも
耳をかたむけるのだろう

その頃 ぼくは
どんなおじいさんになっている?

新川和江
名づけられた葉なのだから」所収
2011

One comment on “その頃 ぼくは・・・・

  1. 「その頃 ぼくは・・・」は新川さんの許諾をいただいた上で掲載しております。
    無断転載はご遠慮ください。

Crossroad of Word管理人 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください