耳をください

まず顔が好きでしょ 前髪が好きでしょ
積み木をすぐ崩して遊ぶのすてきでしょ
腹違いの息子 まんじ型の傷のあと
そろそろ気がついてくれなきゃ泣いちゃうぞ

たとえば今日がイスだとしたら壊れそう
くさって脚が折れて気軽に座れなくなっちゃうぞ

さみしがりやだけど群を抜いてがんこ
足が速いことを自慢せずに謙虚
たらいまわしされても文句も言わないで
坂道登ったら夕焼けにひとこと

朝いちばん辞書にある知らないことばを丘で叫ぶと
どこかのだれか知らない人がほれぼれするでしょ

うぬぼれている人の部屋に必ずある写真が
うちにもあるので安心して眠れるね

大きい音ならなんでもよくって
歌える歌なら好き嫌いもない
はなしを聞くならいくらでも
ぼくの耳はだれかのもの

かなしそうな声でうれししそうな声で
どんな人からどんな時電話が来るの
道を歩きながら自転車乗りながら
どれくらいの音でイヤホン聴いてるの

朝いちばん辞書にある知らないことばを丘で叫ぶと
どこかのだれか知らない人がほれぼれするでしょ

柴田聡子
さばーく」所収
2016

One comment on “耳をください

  1. 「耳をください」は柴田聡子さんの許諾をいただいた上で掲載しております。
    無断転載はご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください