着せかえ人形

雨の日の暮は暗く
部屋のすみ襖のかげの
座ぶとんに寝かせてならぶ
首だけの人形の顔

姫は口もとに紅をはき
役者の顔のくまどりに
千代紙のころもを着せる
鋏の音と姉のためいき

着せかえた人形たちの首を抜き
すげかえ遊ぶたそがれどき
虚構に生きる人の世の
はなやぎは一瞬にして地におちる

白装束に着せかえて
経帷子に箸の杖
紙箱の棺に寝かせて掌を合わす
とむらいさえも遊びであつた

斎藤怘
「葬列」所収
1969

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください