夢のなかでだけわたしは
叫ぶことができた
目尻に涙をひきながら

衿をたてて
停車場の角をまがる
するといつも 列車はうしろ姿なのだった

世界がわたしを包んでいるのに
わたしののばす腕は
いつも そのふちにとどかない

世界が あまりうつくしいので
目ざめて わたしは 名を呼べない

もどかしい自転車 だけが
枯れた桑畑の道をはしる

吉原幸子
「魚たち・犬たち・少女たち」所収
1975

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください