吐かせて

くろいくちびる くるほしいくさむら
ちちいろのちぶさ ちのいろのちくび

いろはにほへど nothing
あさきゆめみて nothing!

直立する たての重み
横臥する うすい重み

  ──笑ひ声

撃つ
狡猾の硝煙の にくしみの薬莢の

吐く
胃のなかのにがさ めのなかのからさ

さうして?さうして出かけるの?
やま?それとも水、どこか水?

わたしはただ 月に小石を投げ入れただけ
ぶたの死ぬのをみてきただけです

昨日はあった
今日はあるのか

邪魔な目かくし
ひらひらする手を唇をひっこめて

世界をおくれ
まるごとガブリ

ひっこめないのだなどうしても
よろしい では

わたしは
狂ふ

吉原幸子
「昼顔」所収
1973

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください