選択

<世界に深入りしたくない>
と言った さびしいひとは
逃げて行った たぶん
もうひとつの ”世界”のはうへ

深入りする まさにそのことが
わたしには いちばんまぶしい
願ひだったのに

ガラス扉にさへぎられて
黄金の葉ずゑが光り
”世界”は音もなく溢れつづけ
そのふちに ゆれながらふみとどまって

そしていま たうとう深入りできたよ! と
つぶやきながらガラスを破る
わたしに 待ってゐた風が流れこみ

(掌の傷を舐めながら)
逃げて行ったひとに
電話をかける

<死んだあとの 幸せの味は
いかがですか
こちらやっと不幸
まだ 肥りすぎてゐないなら
会ひませう いちど>

吉原幸子
「夜間飛行」所収
1978

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください