背後

きみの右手が
おれのひだりを打つとき
おれの右手は
きみのひだり手をつかむ
打つものと
打たれるものが向きあうとき
左右は明確に逆転する
わかったな それが
敵であるための必要にして
十分な条件だ
そのことを確認して
きみは
ふりむいて きみの
背後を打て

石原吉郎
「斧の思想」所収
1970

One comment on “背後

  1. 石原吉郎さんの詩を初めて拝見しました。
    右と左の思想を超えて、背後から忍び寄る敵を見定めよ、ということでしょうか?
    生き抜くためのスリリングな瞬間を言葉にした詩だと思いました。
    私たちはこのような緊張する瞬間を生きているでしょうか。(弛緩していやしないでしょうか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください