私のSkelton(骸骨)

骸骨が歩く 宙づりになって
空洞の目にはスクリーン
映りはするが感じはしない

骸骨に恋をしかけ 未来を語る
そのおかしさに
骸骨は誰にも見えない涙を流す

血はもう流した 好きなだけ
骨はからから乾いていく
埋められるのも もう諦めた

粉々に崩れゆくのを 待つばかり
その気楽さに
骸骨は痙攣して笑う

廣津里香
「廣津里香詩集」所収
1967

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください