不眠者

われらは 都会の肢体を感じ
日毎安らかならず
而もなほ わたくしらは このところに生きる
海にのみ 怒涛を感ずるものは知らない
都会の人には水平に斜面を感じ
プラタアスの並木路に出でて黄昏れの空気を吸ひ
再び雑踏の中へ紛れ去る
かくて都会は一日を燃焼し 暁の薄明を待機する
・・・・わたくしは夜更けてなほ彼の鼓動を聴く
人々の不眠を聚めて彼も亦轆囀反側してゐる

牧田益男
「さわらびの歌」所収
1947

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください