皿と魚

さあ務めを果たそう
ここで一日を始めよう

台所のテーブルの上では
磨かれた皿が
乗せるものを待っている
「運命というものは最後は
磨かれた皿の上に乗るんだよ」
何万という群れの中の一ぴき
一ぴきの青い魚の不運を
乗せる皿
花の絵でかざられているその皿を
磨いたのはだれですか?
もう死んでいて キナキナと光る魚
それを料理したのはだれですか?
魚の皿を囲み
みんなでおいしく食べた
きれいにすっかり食べた
不運まですっかりと食べてしまった

さあ務めを果たそう
ここで一日を終らせよう
よごれた皿を洗うのは
だれですか?

山崎るり子
だいどころ」所収
2000

One comment on “皿と魚

  1. 「皿と魚」は山崎さんの許可をいただいた上で掲載しております。
    無断転載はご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください