I Am the Only Being Whose Doom

I am the only being whose doom
No tongue would ask, no eye would mourn;
I never caused a thought of gloom,
A smile of joy, since I was born.

 

In secret pleasure, secret tears,
This changeful life has slipped away,
As friendless after eighteen years,
As lone as on my natal day.

 

There have been times I cannot hide,
There have been times when this was drear,
When my sad soul forgot its pride
And longed for one to love me here.

 

But those were in the early glow
Of feelings since subdued by care;
And they have died so long ago,
I hardly now believe they were.

 

First melted off the hope of youth,
Then fancy’s rainbow fast withdrew;
And then experience told me truth
In mortal bosoms never grew.

 

’Twas grief enough to think mankind
All hollow, servile, insincere;
But worse to trust to my own mind
And find the same corruption there
Emily Brontë
1848

 

2 comments on “I Am the Only Being Whose Doom

  1. はじめまして。
    拙いですが訳してみました。

    いきもののうちでわたしだけには、消息を
    尋ねる声がない、悼んでくれるまなざしがない
    わたしは引き出したことがない、憂鬱を
    喜ぶ笑顔を、生まれて以来。

    ときにひっそりと歓喜してひっそりと涙して
    荒波のように人生は流れていった
    友だちはない、80年の時が経って
    誕生の日とおなじようにひとりだった。

    隠せなかった日もあった
    さびしくやるせなかった日も
    かなしいわたしのたましいが誇りを忘れた
    愛してくれるだれかを待って焦がれた日も。

    だけどあれらは焔のわかいかがやき
    心を愁いにのみこまれ
    とうの昔に死んでゆき
    まるでなかったものかに思われる。

    はじめに早春の希望が潰え
    夢の虹もはかなく消えた
    年月がくれた答え
    思いはけして実を結ばなかった。

    とうにつらいことだ、人間とは
    空虚な、矮小な、偽善なものなら
    けれどももっとつらいだろう、自分自身を信じては
    同じ堕落を見いだしたなら。

    1. ありがとうございます!
      最近翻訳の方は盛り上がっていなかったので、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください