安乗の稚児

志摩の果安乗の小村

早手風岩をどよもし

柳道木々を根こじて

虚空飛ぶ断れの細葉

 

水底の泥を逆上げ

かきにごす海の病

そゝり立つ波の大鋸

過げとこそ船をまつらめ

 

とある家に飯蒸かへり

男もあらず女も出で行きて

稚児ひとり小籠に坐り

ほゝゑみて海に対へり

 

荒壁の小家一村

反響する心と心

稚児ひとり恐怖をしらず

ほゝゑみて海に対へり

 

いみじくも貴き景色

今もなほ胸にぞ跳る

少くして人と行きたる

志摩のはて安乗の小村

伊良子清白

孔雀舟」所収

1905

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください