友の家を訪ひたるに、

赤子の尿を漏せしとて、

ランプの火影のなか、

妻なる人は疊を拭くに忙し。

 

早や寝たかと思ひし友の、

起きて居し一室には、

食ふものも散らばりたり。

 

引く人もなき俥の

我れを乗せて何處ともなく、

右左搖れつゝ行けば、

廣き野の隅に出でたり。

 

枯草のなか二たところ

黑きものあると思ひし、

むくむくと動くを見れば、

それはみな數知れぬ鼠にして、

我れを見て逃げもせず……

此時に醒めし我が夢。

 

石井柏亭

1958

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください