眞赤な風車

リトマス試驗紙は轉寢をし、タイル張りの螺旋階段は締切つた。

けれども三面鏡は間斷なく機關銃を亂射し、太陽から眼帶を略

奪した。スヰトピイの花瓶をたたき壊した彼は、決然とドアを

蹴つた。

 

克山滋

「白い手袋 克山滋遺稿集」所収

1948

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください